三大地方銀行

暮らしと千葉銀行

千葉銀行の就職と採用

千葉県内の人にとって、とりわけ千葉銀行への就職は人気があります。銀行など金融機関への就職は人気がありますが、千葉銀行は規模も大きく経営も安定しているためです。採用には大きく分けて3種類あります。新卒採用と中途採用、障がい者採用です。就職する際には事前に開かれるセミナーに参加する場合が多いです。

業務はいくつかの種類に分かれています。個人と法人それぞれの渉外業務、窓口業務、ローン業務、融資管理業務です。それぞれ役割が異なっていますが、コースによって総合職と特定総合職に別れます。総合職だと基本的に渉外業務と融資管理業務にあたり、特定総合職だとそれ以外の業務にあたります。新卒採用サイトだとそれぞれの業務を行っている社員のコメントなどを見ることができ、就職後の参考にすることができます。

新入行員の育成には独自のプログラムを用いており、段階的に新入行員を育成していきます。それによると研修期間は4か月で、その後担当する業務内容を習得するのに7か月かけます。そしてさらにキャリアプランニングということで7か月の期間を使って一人前の行員になるのです。このように3段階じっくり育てることで、質の高い銀行を作り上げるのです。

採用の際には複数の面接と適性審査を行って合否を決めます。面接では人物像を重視する傾向にあり、コミュニケーション能力や金融に対する興味関心などがとりわけ高く評価されます。総合職と特定総合職はそれぞれ70名から90名弱くらいまで毎年採用され、大学院までいっているほうが基本給が高いですが、基本的に学部と学科によって合否が差別されることはないようです。



Copyright ©2014 三大地方銀行 | Valid (X)html strict 1.0 | Valid Css 2.1 | Design by webestools.com