三大地方銀行

個性豊かな静岡銀行

静岡銀行とは

静岡銀行は静岡県の地方銀行で、通称しずぎん(静銀)と呼ばれ地元民のみならず日本中で愛されています。地方銀行でありながら全国的に名前を知られており、地方銀行としては全国第3位の資産を有しています。現在静岡銀行は日本国内以外にもニューヨークやブリュッセルなどに支店を出しており、国内外で積極的に銀行業務を展開しています。

静岡銀行の経営の特徴は、質素倹約を徹底して堅実な営業を行うところにあります。その経営姿勢から専門家の間で「シブ銀」と呼ばれており、1961年から東証1部上場しているなど地方銀行でもトップレベルの信頼性を勝ち取っています。さらに三菱東京UFJ銀行と親密な取引があり、頻繁に情報交換や親睦会を行っています。

地方銀行でありながらインターネットバンキングなど新しい経営手法にも積極的な一面もあり、インターネット支店を開くなど革新的なものをいち早く取り入れていたこともポイントの1つです。静岡銀行は静岡県民以外の利用者も数多いので、インターネットバンキングを取り入れることで経営範囲を超えても利便性が損なわれないようになりました。

現在も静岡銀行は経営好調で、メガバンク並みに頻繁なキャンペーンを行っています。企業に対する過剰融資などを行わないため、キャンペーン金利などで一般の利用者に利益を還元しやすいのです。地方銀行は若者の利用が少ない傾向にありますが、シンプルで分かりやすい商品や利便性を理由に静岡銀行を使っている若者も多くいます。



Copyright ©2014 三大地方銀行 | Valid (X)html strict 1.0 | Valid Css 2.1 | Design by webestools.com